健康と美容に良い果実

|ブルーベリーの濃い青色はアントシアニン色素の色です。アントシアニンは眼に良い効果があり、疲れ目などに効果的です。

ブルーベリーは恵みの果実

アントシアニン


sponsored link

ブルーベリー果皮の濃い藍色はアントシアニン色素の色です。


アントシアニンは眼に良い効果があり、注目されています。


アントシアニンは、ビルベリーに「眼に良い」効果があることから研究され、その効果の主な原因がアントシアニンにあることが明らかになり、ブルーベリーとクロマメノキについても研究されました。


その結果、ビルベリーブルーベリー、クロマメノキにはそれぞれ15種類のアントシアニン色素が含まれており、このアントシアニン色素の含有量がそれぞれ違うために果実の色に違いが現れることがわかりました。


15種類のアントシアニン色素は、5つのアントシアニジン(シアニジン、デルフィニジン、マルビジン、ベツニジン、ペオニジン)に3つの糖(グルコース、ガラクトース、アラビノース)がそれぞれ一つずつ結合して出来ています。


ビルベリーの「眼に良い」効果は、ブルーベリーの特徴としても知られるようになり、一般に広まりました。


アントシアニンの効果は食後4時間で現れ、24時間で消失するので、毎日少しずつ食べるのが効果的です。


食べ方としては、アントシアニンは水溶性で、アルコールでの抽出率がとてもに高いので、合わせてとれば吸収率もアップさせることができます。


アントシアニンは目の網膜にあるロドプシンの再合成を活性化させて、疲れ目を予防・改善する働きがあります。


また、アントシアニンには瞳孔や水晶体の働きを助ける毛様体の血行を良くする効果もあり、「眼に良い」と高い評価を受けています。


アントシアニンには軽度の肝機能障害を改善する効果もあります。


またアントシアニンには血圧を上昇させる酵素の働きを阻害し、血圧の上昇を抑制する働きがあることがわかってきました。


【効果】


・目の機能改善  ・視力向上  ・眼精疲労の回復

・肝機能改善  ・血圧上昇抑制  ・抗酸化作用

[スポンサードリンク]