健康と美容に良い果実

|ビタミンCは強い抗酸化作用をもっていますが、水溶性なので調理により損なわれます。しかしブルーベリーは生食する果実なのでビタミンCを効率よく摂ることができます。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーのビタミンC


sponsored link

ブルーベリービタミンC含有量は、9.0〜16.7mgです。


ビタミンCは強い抗酸化力を持っており、発がん性物質ニトロソアミンの生成を抑制し、鉄の吸収促進作用、白内障の予防、がんの予防効果があります。


またビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠で、このコラーゲンに細胞同士を繋げる働きがあるので、肌に弾力とハリを与えます。


メラニン色素の生成を予防するので、シミ・ソバカスになり難くなり、美白・美肌効果があります。


ビタミンCの一日の摂取量は100mgです。


ビタミンCは一度にたくさん摂取しても過剰分は体外に排出されてしまうので、1日複数回にわけて摂取することが肝要です。


ビタミンCが不足すると疲れやすなり、また風邪などの感染症に侵されやすくなります。


毛細血管が脆くなり、壊血病と呼ばれる皮下や歯茎から出血する症状があらわれます。


子供の場合は、骨の発育不良もあらわれます。


ビタミンCは摂取してから2〜3時間後には排出されるので過剰摂取の心配はありません。


ビタミンCは水溶性なので、調理によって失われやすいが、ブルーベリーは生で摂取する果実なので、ビタミンCの供給源として優れています。


【効果】


・コラーゲン合成  ・血管や皮膚、粘膜、骨の強化  ・抗酸化作用  ・抗がん作用

・抗ウィルス作用  ・解毒作用  ・鉄、銅の吸収率アップ ・ヘモグロビンの合成補助

・メラニン色素の合成抑制

[スポンサードリンク]