健康と美容に良い果実

|成熟するとブルーベリーの果実は青色〜紫黒色になります。果実の大きさは品種によって様々です。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーの果実


sponsored link

子房からなる果実を真果とよびます。


ブルーベリーの果実は、子房が発育したものなので真果です。


【果実の成長と外観の変化】


ブルーベリーの果実が成熟するまでは2〜3ヶ月の期間がかかります。


授精後、子房は果実となるため大体1ヵ月間で急速に肥大して膨らんでいき、その以降、1ヵ月間は容量的にほとんど増加せず果実も緑色のままです。


この変化がほとんど無い時期を過ぎると、がくの端が紫色に変化し、果皮の緑色は半透明色になって数日中に明るい紫色になります。


その後は青色を増していき、果実本来の紫黒色になります。


また、この時期に果実の容積は急激に大きく増えて、直径で50%も増加します。


そして完全に本来の果皮色になっても果実は20%も増大し、さらに数日内に甘さと香りが高まります。


ブルーベリーの果実は成熟すると表面に白い粉状のろう質(果粉)で覆われます。


この果粉によって、ブルーベリーは独特の明青色や紫青色の果皮色をあらわします。


【果形と果実の構造】


果実の形は扁形と円形に大きく分けられますが、一般的に扁形が多い。


果実は子室に多数の種子(胚珠)を含みます。


この胚珠は、授精直後は100粒以上あるが、成長過程で発育が停止して、成熟時には少なくなります。


種子は品種により異なり、ラビットアイがハイブッシュよりも大きく数も多い。


ラビットアイの場合は同一の品種でも種子が異なり、早期の成熟果では大きく数も多いが、晩期の果実では小さく数も少なくなります。

[スポンサードリンク]