健康と美容に良い果実

|葉は落葉性で秋に紅葉するブルーベリー種もあります。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーの葉


sponsored link

ブルーベリーの葉は、枝(茎)の上に交互に着生する単葉です。


葉の大きさは、様々な条件下(タイプ、品種、光や温度などの自然条件、施肥や灌水などの栽培条件)によって異なりますが、一般的にハイブッシュは葉身長が8cmくらいの大型で、ラビットアイの葉身長はそれよりも小型になります。


葉の形には、楕円形、広いへら状、倒ひし形、卵形などがあり、品種の特徴になります。


一般的にブルーベリー種による多い葉の形は、ハイブッシュが卵形、ラビットアイがへら形から倒ひし形で、ローブッシュとノーザンハイブッシュとの交雑種であるハーフハイハイブッシュが、小さくて細い広楕円形になります。


また、葉の裏面に触毛のあるタイプとないタイプがあります。


葉縁の状態もタイプによって異なり、一般にハイブッシュの葉は縁が滑らかな全縁状で、ラビットアイの葉はノコギリの歯のようにギザギザな鋸歯(きょし)状になります。


また、ラビットアイの葉には葉外蜜腺(葉などにある蜜液を分泌する部分)があり、植物学的分類基準の重要な形質になります。


ブルーベリーの多くは落葉性ですが、冬季が温暖な地域や温暖だった場合、または肥料や灌水などの栽培の仕方によっては、落葉が遅くなり、常緑性と見間違えることもあります。

[スポンサードリンク]