健康と美容に良い果実

|ハイブッシュ、ラビットアイ、ローブッシュというようにブルーベリーの種は分かれています。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリー種の特徴


sponsored link

ブルーベリーはアメリカ北東部に自生していたハイブッシュブルーベリーを改良して生まれました。


ブルーベリーを含むシアノコカス節は、中南米を起源とし、カリブ海諸島を経て北アメリカに移動し、さらに大陸東部の沿岸地帯に沿って北方へ広がったとされています(Ludy et al.1991)。


・栽培における重要なブルーベリー


ブルーベリーの種は、大きく分けて6種からなり、果樹園芸の上で重要な種は4つ、品種改良など栽培上重要な種は5つに分類されます。


ブルーベリーのタイプ(英名)[学名])


@ハイブッシュブルーベリー(Highbush blueberry)[V. corymbosum L]

ミシガン州南部から東部のニュージャージー州にわかって自生しています。

昔は V. corymbosum L と V. australe Small の二つに分けられていましたが、今では V. corymbosum L に種として統一されています。


Aラビットアイブルーベリー(Rabbiteye blueberry)[V.virgatum Aiton]

南東部諸州の平地や森林の端に自生しています。2004年にラビットアイの学名が V. ashei Reade から V. virgatum Aiton に変更されました。


Bローブッシュブルーベリー(Lowbush blueberry)[V. angustifolium Aiton]

アメリカ北東部の諸州からカナダにかけて自生しています。

ローブッシュブルーベリーの別名はワイルドブルーベリーといい、この種はその中心種です。

品種改良の上から注目され、この種とハイブッシュの交雑から、ハーフハイハイブッシュ(Half-higt higtbush)が育成されています。


Cローブッシュブルーベリー(Lowbush blueberry)[V. myrtilloides Michx]

V. angustifolium Aiton と同様にローブッシュブルーベリーとして主要な種です。


Dエバーグリーンブルーベリー(Evergreen blueberry)[V. darrowi Camp]

常緑性の野生種です。

この種とハイブッシュとの交雑から、サザンハイブッシュ(Southern higtbush)が生まれました。このことから判るように育種素材として重要な種です。

上記のブルーベリーのうち、ハイブッシュとラビットアイは栽培ブルーベリーと呼ばれています。

これらの種は果実が生食されています。

ローブッシュは一般にワイルド(野生)ブルーベリーといわれ、栽培ブルーベリーには含まれません。

この野生ブルーベリーは生食される量が少なく、主にジャム、ワイン、ジュースなどの加工食品として流通しています。

[スポンサードリンク]