健康と美容に良い果実

|温暖な地域における栽培の中心品種がラビットアイブルーベリーです。育てやすいので初心者にオススメの品種です。

ブルーベリーは恵みの果実

ラビットアイブルーベリー


sponsored link

【ラビットアイブルーベリー】


成熟する前の果実がウサギの目のように赤く色づくことが特徴です。


名前もこの特徴から名付けられました。


ラビットアイブルーベリーの品種はノーザンハイブッシュに次いで多く、栽培ブルーベリーの中心品種です。


世界各国の冬季が温暖な地帯へ栽培が広がっています。


ブルーベリーの多くは酸性土壌を好みますが、ラビットアイ系はあんまり土壌を選ばず、とても丈夫なので初心者にオススメです。


ハイブッシュブルーベリーより、収穫量が多いことも初心者にオススメの一因です。


ラビットアイブルーベリーの栽培は、比較的温暖なミカンなど柑橘類の産地と同じ気候が適しています。


花は4月下旬から5月中旬に開花し、薄いピンク色の小花が房状に咲きます。


収穫時期は7〜9月頃です。


果実は直径1〜1.5cm、果重1〜2gの小さい果実です。


代表的なラビットアイブルーベリーの品種は「ウッタード」「ホームベル」「ティフブルー」があり、国内で育成され農水省で品種登録されたラビットアイ系ブルーベリーは「レッドパール」「オレンジパール」「ブルーパール」「フクベリー」などがあります。


  • ラビットアイブルーベリーの品種
  • 日本で育成された品種
    ・オレンジパール・フクベリー・ブルーパール・レッドパール
    アメリカで育成された品種
    ・アイラ・アラパファ・アリスブルー・ウッダード・オースチン
    ・オクラカッニー・オンズロー・クライマックス・センチュリオン・ティフブルー
    ・デライト・パウダーブルー・ブライトウェル・ブライトブルー・プリマイアー
    ・ブルージェム・ブルーベル・ベッキーブルー・ホームベル・ボールドウィン
    ・ボニータ・モンゴメリー・ヤドキン
    ニュージーランドで育成された品種
    ・ウィトウ・オノ・タカヘ・マル・ラヒ

    [スポンサードリンク]

  • ラビットアイブルーベリーの果実の特徴
  • 品種成熟期果実
    果皮色大きさ甘味酸味肉質風味香り
    オレンジパール暗青中粒扁円多い中位軟らか無い
    フクベリー明青やや大粒扁円多い多い中位有る
    ブルーパール明青中粒扁円多い少ない軟らか無い
    レッドパール暗青小粒扁円多い少ない中位無い
    アイラ中期中〜大粒硬い良好有る
    アラパファ前期中粒秀でる秀でる
    アリスブルー前期中粒丸形良好
    ウッダード前期明青中〜大粒扁円硬い良好
    オースチン前期明青大粒良い良好
    オクラカッニー晩期明青中〜大粒硬い
    オンズロー後期大粒優れる良好有る
    クライマックス前期明青中粒硬い良好
    センチュリオン後期明青〜暗青中粒硬い良好有る
    ティフブルー後期明青中粒円〜扁円硬い特優
    デライト中期明青大粒多い多い硬い特優
    パウダーブルー後期明青中粒硬い良好
    ブライトウェル前期明青大粒円〜扁円良い良好
    ブライトブルー後期明青大粒扁円特硬い良好
    プリマイアー中期濃青大粒扁円
    ブルージェム中期明青中粒硬いやや良
    ブルーベル中期明青大粒秀でる
    ベッキーブルー前期中粒硬い良好
    ホームベル中期暗青中〜大粒軟らか中位
    ボールドウィン後期暗青中粒良い良好
    ボニータ前期大粒硬い良好
    モンゴメリー前期中〜大粒中位良好有る
    ヤドキン後期中〜大粒有る
    ウィトウ後期明青小〜中粒有る
    オノ後期中〜大粒扁円良好有る
    タカヘ後期中粒扁円
    マル後期中〜大粒中位良好
    ラヒ後期明青中〜大粒秀でる